ピラティス 設備

ピラティスのマシン設備はどのようなもの?

ナビゲーターイメージ01ピラティスはリハビリ目的として体に負担が掛からない程度に筋力や柔軟性を高めるエクササイズで、深層の腹筋・背筋周辺の筋肉を主に鍛え怪我を予防するのが目的なことから、ヨガやホットヨガとは違い専門のマシーンを使って体を動かすことがあります

 

専門のスタジオによって置いている設備は違いますが、ベッドの四方にある支柱を使うことで色々なエクササイズをおこなうことができるキャデラック、可動式の木製バーやスプリング等を使ってエクササイズをするタワートレーナー、可動式の台座とスプリングを使って筋力や柔軟性を高めるリフォーマー、姿勢や脊柱の弯曲を矯正するスパインコレクター、他にもトレーニングボールスタビリティクッションといったものがあります。

 

施設の規模によって置いてある台数や設備は異なるでしょう。他の人が使っていたり、鍛える箇所によっては同じ設備を使うことになります。中にはジムやスタジオでも購入できるものがあり、購入することで自宅でも簡単なピラティスをすることができますし、何よりも継続することで効果が体感することができますので、最初は色々な設備を試しながらも自分に合ったものでインナーマッスルを鍛えましょう